カウンター
カウンター 無料カウンター 無料インプラント不動産 京都
Google
広告
RECOMMEND
青い花
青い花 (JUGEMレビュー »)
山崎ゆかり,窪田渡
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 絆が呼んでるよ | main | 誤摩化せない >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
そのSexy
夏の日の2006

Lyrics

ほんのり話題になっていた、かつての大ヒット
"夏の日の1993"をrockwellの"夏の日の2006"の感想。

「based on 1993」という副題が示しているように
大胆なパンクカヴァーだとか、
デジタルに切り刻んだというものではなくオリジナルにほぼ忠実な感じ。
ギターソロの入り方なんかも90年代っぽい。
ちなみにアレンジ手掛けたのは元WANDSの2代目キーボードの人です。

変化らしい変化といえばバンドサウンドが若干強くて
ストリングスがちょっとゴージャスで笑っちゃうくらいだったのと、
サビの1993(ナインティーン・ナイン・スリー)が
2006(トゥエンティー・オー・シックス)に
変わってるくらいですね。ちと語感が苦しくなりました。

まあ今時カヴァーも珍しかないんですけど
今回このかつての大ヒット曲をカヴァーしたのは
よっぽどこの曲が大好きなのか、単に話題作りを狙ったのか
それとも両方なのか、といういずれかであって
このカヴァーを通して、このグループの方向性というか
今後どうしていきたいのかというものが
見えてくるものではないなーというのが正直な感想。
足がかりさえできれば今後はどうにでもできるわー!
くらい自信があるのかも知れませんが
ちょっとこのシングルではわからなかったです。

ひょっとして今後もこういうかつての大ヒットシングルを
掘り起こしていくんでしょうかね。まっさかー!マッカーサー!
それはそれで面白いけど、きっと短命。
えーと。頑張ってね、っと。

にしても、この曲の歌詞。
改めて見てみると、つまりはこういう感じでしょうか。

「普通の女だと思っていたけど水着になると
 結構イケてるじゃねーか!つーかイケてすぎて
 俺にはもったいないくらいの女だぜ。なんてこったLove」

ずっと読んでいると、この恋してしまったとか言い放つ男は
「普通の女」だと思っていた女の水着姿、
そのボディラインに一目ぼれしているわけで、挙句に
”服の上からは はかれないね”とかほざく。
下心100%じゃん。しかも
「ボクの視線を避けるようにいたね 意識してしまう」
なんて妄想っぷりも込み入ってなかなか変態チック。
放っておいたらむしゃくしゃして性犯罪に至るかも知れません。
「とんでもない不思議な気分に戸惑う」とはつまり
そんな妄想によってもやもやと肥大した性欲に違いありません!(違いますよ)
うーん、スキャンダラス。
| 曲の感想/や・ら・わ行 | 05:03 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 05:03 | - | - |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mas4649.jugem.cc/trackback/976
トラックバック