カウンター
カウンター 無料カウンター 無料インプラント不動産 京都
Google
広告
RECOMMEND
青い花
青い花 (JUGEMレビュー »)
山崎ゆかり,窪田渡
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< GOING UNDERGROUND/きらり | main | ナチュラルハイ/ピアノ弾きの恋 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
清木場俊介/さよなら愛しい人よ
さよなら愛しい人よ (DVD付) (ジャケットA)

Lyrics:清木場俊介
Music:坂本サトル

Lyrics

EXILEのボーカルの人、
清木場俊介のソロ2作目のシングル。
作曲は坂本サトル。人選からすでに意外。

今回の曲はマイナー調の歌メロにロックアレンジな内容。
サビでは軽い巻き舌歌唱も飛び出すなど
前作のバラードよりはかなり意外な面が出てます。
EXILEのもう一人のボーカルの人のソロ、COLORは
R&Bコーラスグループなコトがやりたいんだろーなーという
EXILEの音楽性からは割と想像が付きやすい内容だったと思うんですけど
この清木場さんのソロはまた正反対な方向でやっていて
なるほどこれはソロ名義でリリースする意味あるなぁ、と思いました。

つーかね、今R&Bとかやってるヤングな方々だって
絶対暑苦しくて恥ずかしいロックだとか、
もんすごミーハーなポップスとか聴いてた時期があると思うんですね。
それが、やってる音楽の中では全然匂わない人が多くて
挙句に帰国子女で海外に何年いたとか言い出しやがるわけですよ。
かわいくねーな、と。
本場でR&BとかHIP-HOPを聴いてハマってから現在に至る、って
そんな偉いんか!と。スタイリッシュなものに
むやみに劣等感を抱く俺の神経を逆撫でするわけですよ。(身勝手)

今回の清木場クンのこの曲は、実は結構ダサイと思います。
古いタイプのロックサウンドで熱唱。泣き具合も歌謡的。
ただ、EXILEというナウなヤングにバカ受けているグループの
メンバーとして活躍する上で、今回のような自分の中にある
ルーツにも正直である、というのは
なかなか度胸がいると思います。

こういうのを狙ってやる場合、客観性が伴うために
なんとなくシャレとか含んじゃうもんですが
歌詞も音も直球なあたり、マジなんだろうなーと思う。
なので俺としては非常に面白いなぁ、と思いました。
俄然興味が湧きましたね、この人に。
やっぱ、スタイリッシュじゃないあたりに。(身勝手)
ま、イケメンだけどな。

もちろん、今のところはまだ
”EXILEというグループあってこそ”
という所は抜け切れていないですが
もっと突き詰めていって欲しいですね、どうせなら。
| 曲の感想/か行 | 02:04 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 02:04 | - | - |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mas4649.jugem.cc/trackback/827
トラックバック