カウンター
カウンター 無料カウンター 無料インプラント不動産 京都
Google
広告
RECOMMEND
青い花
青い花 (JUGEMレビュー »)
山崎ゆかり,窪田渡
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< へぶんりー | main | ふむ。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
SETSTOCK'08 2日目だけ行った
JUGEMテーマ:音楽


今年のセットストックに行ってまいりました。
フジロック?行ったことねえよ!行ってみたいけどね。
ま、それはともかく。はい。
結局寝たのは朝5時。 起きたのは6時45分。
バス出発は8時。 バスの道中、ずっと目は閉じてたけど
結局寝るには至らず。 俺のフェスは毎回こんな感じでございます。

去年行ったときは友人様のお車に同乗させていただいたけど
今年は一人だったため、現地からのシャトルバス利用しました。
まったくの他人の運転で遠方まで行けるっつーのは
ものすごくありがたいことだなーと思いました。

しかも現地の駐車場からシャトルバスで行くよりも
入場がかなりスムーズ。去年は駐車場→シャトルバスで
現地ついてからの入場まで並びが数kmに及ぶ凄まじいものだった。
あれはもう勘弁して欲しいと思ってたのでありがたかった。
ま、その分高い金払ってるからそのくらいの区別は
あった方が良いとは思うがな!

入場してグッズとか並ぼうと思ったけど、もともと
そういうモノに対しての欲が薄く、腹ペコだったのもあったので
WESTステージの店屋物のあたりをウロウロ。

そういえばケバブサンドを頼んだ時、
てっきりあのごっつい肉塊から 削ぎ落として包んでくれる
と思っていたんですが、開場して間もなくで準備が滞っていたためか
奥にあった鉄板の上でいためられたものを包んでくれました。
なんだかケバブ感やや薄め。なんとなく裏切られた気分。
しかも接客がイカツイ黒人でありがとうも言わずに
「Hey,Hey」みたいな無愛想な感じで渡された。
なんだ?低賃金でケバブ作らされてるのか?

とりあえず入場そうそうビール。
今日はめっちゃビール飲んで楽しむぜ!とか思ってたけど
振り返ってみれば一番飲んだのはポカリスエットだった。笑
ホントに暑かった・・・晴天すぎる。

で、結局、オープニングアクトから観てました。
以下見たものの感想を。

○ニコ・タッチーズ
見るの2回目。悪くないけど決定打がないなーと思う。
決してカッコ悪くはない。アレンジなんかも面白いけど
ちょっとこじんまりっつーか頭でっかちというか。

○9mm
初見。リハの時点でいかつい音してたけど
やはりごっついなー、という印象。
がっつり見てないのでなんとも言えないけど
暴れっぷりが若干過剰な気がする。
なんでもいいから暴れたい子なんかはそれが良いのかな。
最後の曲のAメロでギターの子がステージの柱を
登ってたのが笑った。やりすぎだけど、あれは有り。笑

1.Discommunication
2.Supernova
3.Marverous
4.Talking Machine
5.Punishment

○JUN SKY WALKER(S)
リアルタイムだけどライヴ初めて見た。つか彼らの現役の頃
俺はドリカムとか聞いてたなぁ・・・。
セットストックは割と若い層が多い気がするので
果たして受け入れられるのやら・・・と思ってたけど
思ったより全然盛り上がっていて意外かつ面白かった。
歌ってるまわりの人たちに妙に親近感。
「行くぞぉ〜!ひろしまぁぁぁ」という煽り連発が
確実に前世代的で、でもまあこんな山奥に
ロックミュージック聞きに来るなんていう非日常的においては
むしろ前世代的な煽りの方がピッタリである。
でもパフォーマンスは良かったよ。ぜんぜん若い(笑)。
そしてSTARTの歌詞をきちんと覚えていた自分に驚き。

1.歩いていこう
2.START
3.全部このままで
4.すてきな夜空
5.MY GENERATION

○くるり
リハで「虹」披露。うおー。でも本編では出ず。
MCで先日カープがさよなら勝ちしたことについて
岸田が盛り上がっていた。アナーキーインザムジークの途中でも
「カチカチカッチカチ!」ってヤツでコール&レスポンスを
客席に求めるという大胆ぶり。笑
選曲も「ラブソング」なんて渋いところ持ってきてましたけど、
(デビューシングル”東京”のマキシシングルの3曲目収録)
鍵盤を含めたアレンジが 新しい息を吹き込んでいてよかったです。
キーボード:エディの存在感がすげえ。体もデカかった。
カッコよかった。あー、また観たい!

1.アナーキーインザムジーク
2.ラブソング
3.飴色の部屋
4.ばらの花
5.ワンダーフォーゲル
6.ロックンロール

○小谷美紗子
雰囲気のあるお寺、神楽殿ステージにて。
今年は心斎橋のワンマンに、京都:高台寺で
彼女の弾き語りライヴみたし間違いなく今年一番観てる小谷様。
正直、SETSTOCKに来たのもこの人の出演あったればこそです。
弾き語りをちょっと期待してたけど、結局トリオ出演。
いや、もちろん全然大好きなんですけども。だって最前で見ましたもの。

セットリストは多分、フェス仕様と思われる。
感想はシンプルにもうね、カッコいいです。はい。
新曲の手紙については既に3度耳にしているんだけど聴くほどに沁みる。
最初のサビが終わるまで弾き語りとか、もうトリオでやらなくても
いいんじゃないかっつー大胆アレンジではありますが。(笑)
Howは今回初めて聴けたか・・・も。(自信ない)
次回は今年のRUSHBALL!うひょ。

1.ラム&ジンジャー
2.who
3.照れるような光
4.手紙
5.OUT
6.How
7.消えろ

○My Little Lover
こういうアーティストこそ見ておかないと
せっかくのフェスがもったいない!と思いチェック。
カラフルなルックスのバンドメンバーを率いた
ex.人妻となったAkkoが細見で美しかった。笑
んで、CDみたいな声で歌うわけですよ。
歌は正直、ヘタっぴでしたがまあ美しかったんで全てOK。
ステージ上で投げキッスとかしててワロタ。ブチュー←古典的表現
あの歌い方にステージ上での動きといい、おそらく同性には
好かれないタイプなのではないか、と
どうでもいいことを思いつつ、大ヒット曲の強さを感じました。
いつぞや観たミスチルの「イノセントワールド」での観客の高揚っぷりを
思い出した。知らない誰もが一瞬のメロディでひとつになるって
本当にステキなことだと思う。ポップであることは誇るべきことです。
「Hello,Again」や「白いカイト」がカラオケ以外で
聞けるとは思わなかった。ちょっと感動。

1.Hello,Again〜昔からある場所〜
2.DESTINY
3.イニシャル
4.dreamy success
5.白いカイト

○リップスライム
雨がふったり、さすがに疲れてきてモニターで眺める。
いつぞやのサマソニで、ついで程度で観たことあったけど
やっぱパフォーマンスがすごい。盛り上げ方をよくわかってらっしゃる。
単純に観ていて飽きないスタイリッシュな楽しさがある。
いくつか知ってるサビさえあれば彼らのライヴを楽しむのは十分。
あ、でも体力は蓄えておいたほうがよいです。
俺それ以前からヘトヘトでしたから。

セットリストはわからんス。

○電気グルーヴ
個人的には今日の一番。初見だけどとにかく楽しかった。
他のアーティストとノリが違った。
ノンストップだったからてのもある。
瀧とダンサーによる謎のパフォーマンスも良かった。
N.O.とかも飛び出した。客席から客も飛び出した(笑)
そしてソイツをステージにあげる電気のノリもよかった。
これはもうワンマンも見たいなぁ。

1.エキスポヒロシマ
2.N.O.
3.あすなろサンシャイン
4.かっこいいジャンパー
5.FlashbackDisco
6.虹
7.cafe de 鬼(カープver)

○槇原敬之
フェスならでは、の第2弾。マッキーすんげえ楽しそうで
観客席に何度もコールしてた。この人絶対善人だと思う。
誰もがそう感じる佇まいとキャラでした。 あとめっちゃ喋ってた。笑

なんと1曲目が「ハングリースパイダー」でスタート、
セットリスト自体もきわめて分かりやすいものばかりで
マッキー自身もめちゃくちゃ楽しそうにプレイしてて
いいステージだったなー。
「遠く 遠く」とか「LOVE LETTER」なんかも
歌ってくれて個人的にはすごく嬉しかった。
「LOVE LETTER」めちゃ名曲。

アーティスト自身があんだけ全身で
喜び感じてる様子みてたらこっちも楽しくなる。
彼の正直さに、彼のポップミュージックのまっすぐさと
誠実さを強く感じたステージでした。
普段見ない人だから、ものすごく印象的だった。

11 Hungry Spider
2 GREEN DAYS
3 WE LOVE YOU.
4 LOVELETTER
5 遠く遠く
6 どんなときも(カントリーアレンジ)
7 世界に一つだけの花

○POLYSICS
いやはやカッコイイ。この人たちはライヴみなきゃですね。
ボンボン、縦笛などの定番は今回も出てきました。
つーか俺はそれでも長く誤解してたけど、シンセでピコピコしたものばかり
彼らにイメージしてたけど、ホントはロックンロールなバンドだったんだなーと
激しいハヤシのパフォーマンスを見ながら思ったのでした。
それにいかにもキワモノっぽいイメージだけどものすごくまっとうに
カッコイイバンドなんだっつーのも改めて思い知った。
曲そんなに知らなかったけど、CD聴いてみよ。

1.P!
2.ピーチパイ オン ザ ビーチ
3.Baby BIAS
4.Prttey Good
5.ROCKET
6.I MY ME MINE
7.機械食べちゃいました
8.Moog is Love
9.シーラカンス イズ アンドロイド
10.カジャカジャグー

○ミスチル
ここまで来ると体力ゲージも点滅。
超必殺技が出せそうな勢いでした。なんならミスチルもういっかなーと
贅沢なコトを考えてましたけど、貧乏性な私はせめてモニターで見るかと
結局モニターで本編は全部見たのでした。
桜井キモチ良さそうに歌っておりました。エロす。
それになんか妙な日焼けこんがり具合がさらにエロさを増してた。
・・・ということくらいでしょうか。あとはまあ・・・うん。

1.Words end
2.HANABI
3.少年
4.雨のち晴れ
5.くるみ
6.フェイク
7.掌
8.HERO
9.GIFT

EN 名もなき詩

そんな感じで帰りのバスは寝てました。
思ったより全然楽しんで一日を過ごせました。
メインのベストは槇原!
ウェストのベストは電気!
神楽はいわずもがな、小谷様や!それしか観てないから。

来年も(面子によっては)行くぜ!
| 屁たレポ | 15:25 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 15:25 | - | - |
コメントする